保証業務お客様のあらゆる状況から
保証して土壌汚染リスクを引き取る

目に見えない土の中のことだからこそ不確定要素はたくさん存在します。
土壌汚染が原因で不動産取引が上手くいかないこともしばしば。
そんな障害を専門家である当社が引き取ります。

コストキャップ保証とは

土壌汚染リスクは調査の進捗や対策工事において選択する工法によりその度合いはさまざまですが、時には当初の見積り金額から何億円もの巨額な超過費用の発生や対策期間が長期化してしまう場合があります。
これらのリスクは土地所有者の方や土地購入をご検討される方にとって大きな障害となります。
弊社は土壌汚染リスクを分析・評価する専門家としてこういったリスクを引き受け、障害を取り除くことで不動産取引の円滑化、オフバラ、事業収支の確定等に貢献します。

コストキャップ保証の種類

土地活用を計画するにあたって発生しうる土壌汚染等のリスクに対応する保証をご提案します。

コストキャップ保証の主な役割

  • 1所有不動産の売却益を工事前に確定させる
  • 2現況有姿・瑕疵担保責任免責条件での土地の購入時における対策費用確定させる
  • 3対策費用の削減と確実性の両立を実現させる

土壌汚染対策の流れと保証の関係

土壌汚染対策に関わるさまざまなリスクを解消します。

仕組み

当社ではお客様にご提供したコストキャップ保証やその他の保証の実効性を確保するために当社を被保険者とする保険に加入しています。わが国では土壌汚染にかかる保険は一般的な商品として引き受けられていませんが、当社はキャプティブを活用し自社でも一定のリスクを引き受けることにより、土壌汚染等のリスクを保険でカバーする仕組みを保有しています。
この仕組みにより土壌汚染等に関して想定外の事象が生じた場合においても、保証した内容の実効性を担保しています。

 

事業内容