フェーズ2土壌調査土壌・地下水汚染の状況を
的確に把握します。

土地利用履歴から必要となる適切な調査を実施し、
確認された汚染状況に内包されている不動産リスクや
その解決策である対策工事のご提案までを一貫して行います。

土壌汚染の有無を確認

フェーズ1地歴調査で、土壌汚染が存在する可能性が否定できないと評価された場合は、フェーズ2土壌調査を行い、土壌汚染の有無を確認します。
土壌調査は稼働中の工場等で行うことも可能です。
※稼働中の工場で調査を実施する場合は、事業者に作業場所や図面(電気、ガス、水道、排水他)等の提供をお願いします。
※ボーリングマシンからの騒音対策等も行った事例があります。調査に関するご要望はご相談ください。

一般的な手順

①概況調査(表層調査)により平面的に汚染が確認された場合は、②詳細調査(ボーリング調査)にて深度方向の汚染範囲を確認します。
その他に、土壌汚染の概要を把握するためのフェーズ1.5調査があります。

①概況調査(表層調査)

おそれの区分

調査密度

概況調査の実施イメージ

汚染のおそれがある

100m2に1検体

汚染のおそれが少ない

900m2に1検体

汚染のおそれがない

調査不要

コア抜き
土壌ガス採取
土壌採取
シート養生
②詳細調査(ボーリング調査)
詳細調査の実施イメージ

詳細調査は、概況調査で基準を超過した物質が確認された場合に行います。
ボーリング調査を実施することにより、深さ方向の汚染範囲を把握することが調査の目的です。
詳細調査まで終了すると、基準超過項目、汚染土量のボリューム(平面×深度)が明確になります。
これらの結果と今後の土地利用方法を踏まえて最適な対策工事をご提案します。

ボーリング調査

騒音対策

フェーズ1.5調査

調査が可能な地点のみを抜粋して部分的に調査を実施します。現況有姿の売買では施設等が稼働中のため、やむを得ず土壌調査範囲が限定的になってしまう場合があります。当社では、例えば屋外部のみの部分的な調査や、概況調査のみであっても、それらの結果から敷地全体の汚染状況を推定・評価します。
さらにコストキャップ保証を併用することで早期に対策工事費用を確定させることが可能です。

土壌調査メニュー