調査業務地歴調査および土壌・地下水汚染調査により、
汚染の状況を適切に把握します。

土地利用履歴から必要となる適切な調査を実施し、
確認された汚染状況に内包されている不動産リスクや
その解決策である対策工事のご提案までを一貫して行います。

調査業務の概要

調査業務は定性的に評価するフェーズ1地歴調査と実際に土壌試料を採取した上で汚染の有無を定量的に判断するフェーズ2土壌調査に分かれます。
フェーズ1地歴調査は土壌調査の最初のステップであり、古地図や登記簿謄本等の資料から土壌汚染が存在する可能性を評価します。
フェーズ1地歴調査により汚染が存在する可能性が示唆された場合は、汚染のおそれの区分に応じたフェーズ2土壌調査を計画し、平面・深度方向と段階的に調査を実施して汚染の全容を把握していきます。

調査業務の流れ

土壌汚染対策法や地方自治体の条例等が規定する、一般的な土壌調査の流れは以下の通りです。

フェーズ1

地歴調査~フェーズ1調査~

内容
古地図等資料から土地の利用履歴の確認
日数
約2~3週間
費用
約10~20万円

対象地における土壌汚染が存在する
可能性を定性的に評価します。

・地歴調査(フェーズ1調査)
古地図や登記簿謄本等の資料から土壌汚染が存在する可能性を定性的に評価します。
また、土壌汚染対策法や各自治体の条例等で調査が求められる場合には、次段階調査の計画を立てるため、汚染の可能性のみでなく、どこでどのような特定有害物質を使っていたかまで調査します。
・簡易地歴調査
過去の地形図、空中写真、住宅地図を用いて、簡易的に土壌汚染のおそれを確認します。ヒアリング等は行わないため、迅速な判断が可能です。この結果を見て、上記調査に移行することもできます。
土壌汚染が存在する可能性が小さい場合
完了
フェーズ2実施が物理的・時間に困難な場合
フェーズ1.5

フェーズ1調査および部分的に実施した調査の結果から敷地全体の汚染状況を推定します。
稼働中の商業施設や工場など全域の調査が困難な場合に有効です。

フェーズ2

概況調査(表層調査)~汚染の有無と平面的な広がりを確認~

内容
表層1mの土壌ガスと表層50cmの土壌の分析
日数
約3~4週間
費用
30m×30m当たり30万円~50万円が目安です。

汚染のおそれの区分に応じて土壌試料を採取し、
平面的な汚染の分布を把握します。

調査内容
・土壌ガス調査
土壌中から揮発してくる土壌ガスを地表面で採取・分析します。
・表層土壌調査
表層土壌(50cm)を採取し分析します。汚染のおそれの区分によっては複数地点の試料を混合し、分析する場合があります。
土壌汚染が確認されなかった
完了

詳細調査(ボーリング調査)
~汚染物質がどの程度の
深さまで浸透しているかを確認~

内容
原則深さ10mのボーリングによる土壌の分析
日数
約1ヶ月~2ヶ月
費用
汚染の程度により数百~数千万円が目安です。
※1地点当たり30~50万円が目安

概況調査で基準を超過した区画においてボーリング調査を実施し、汚染の分布を3次元的に把握します。

調査内容
・ボーリング調査
深度方向の土壌を採取し、分析します。基準を超過した深度より深い基準適合深度までが土壌汚染対策の範囲となります。
・地下水調査
土壌溶出量基準値を超過した地点において地下水を採取・分析し、地下水汚染の有無を評価します。
フェーズ3

対策工事

対象地の利用計画に合わせた対策工事や
解体工事をご提案します。

さまざまな種類の対策、施工方法の中から、お客様に最適なプランを選択し、適切な管理のもと対策を実施します。

事業内容