事業内容 土壌汚染の調査・浄化から保証まで 一貫してサービスをご提案

調査・浄化事業

浄化対策方法のご紹介

封じ込めて外部から遮断する浄化対策方法

①舗装措置

イメージ概要
舗装・被覆措置 汚染土壌 含有量基準に適合しない汚染土壌の上面をコンクリートやアスファルトで舗装する工法。
写真利点

1.汚染土壌による人への暴露を遮断できる。
2.覆いの損壊を伴わない限り、土地上面を有効に利用することが可能。
3.最も安価な措置対策。

※舗装措置の適用要件として含有量基準に適合しない土壌汚染である場合となります。

②不溶化埋め戻し措置

イメージ概要
不溶化剤添加 汚染土壌 溶出量基準に適合しない汚染土壌に薬剤を添加し、混合・攪拌し土壌溶出量を指定基準値以下まで低下させ、原位置に埋め戻す工法。当該土壌上面はコンクリート舗装等で雨水の浸透防止を図る。措置後、定期的なモニタリングを要する。事前の適用可能性試験が必要。
写真利点

1.不溶化効果の持続性、浸透防止が図られている限り、当該汚染に起因する健康被害の発生、周辺への拡散を防止する効果がある。
2.土地上面を有効に使用することができる
3.安価な措置対策。

※不溶化埋戻し措置の適用要件を以下に示します。
・重金属類による土壌汚染である場合。
・第二溶出量基準以下の土壌汚染である場合。
・地下水より上部にある汚染土壌の場合。

③遮水工原位置封じ込め措置

イメージ概要
監視井戸(モニタリング) 汚染土壌 地下水 不透水層 G.L. 溶出量基準に適合しない汚染土壌が地下水の下にまで及んでいる場合、当該汚染土壌、汚染地下水を原位置にて封じ込める。構造は汚染範囲外周に鋼製矢板等の遮水壁により系外への流出防止とし、上面はコンクリート舗装等で雨水の浸透防止を図る。措置後、遮水壁の外側で定期的なモニタリングが必要となる。
写真利点

1.高濃度の汚染土壌にも採用可能。
2.遮水壁、上面舗装等の封じ込め構造を破壊しない範囲での上面の土地利用は可能。
3.土地上面を有効に使用することができる。

※遮水工原位置封じ込め措置の適用要件
・第二溶出量基準以下の土壌汚染である場合。

敷地内から汚染を除去する浄化対策方法

①掘削除去

イメージ概要
掘削 汚染土壌浄化施設へ搬出 土壌処理ブランド

汚染範囲の土壌を掘削し、場外の汚染土壌処理施設に搬出し、処理する工法。
掘削後は、清浄土にて埋め戻す。

写真利点

1.恒久的な浄化対策。
2.特定有害物質の種類、濃度に関わらず施工可能。
3.一般的に説明性に優れ、わかりやすい。

②土壌洗浄

イメージ概要
掘削 場内洗浄装置へ搬出 場内洗浄装置 汚染範囲の土壌を掘削し、場内にて土壌洗浄プラントを設置し、機械的に土壌を分級・洗浄して有害物質を除去する方法。事前の適用可能性試験を伴う。
写真利点

1.恒久的な浄化対策。
2.洗浄後土壌の再利用ができ、清浄土の購入費用の低減が可能。

③原位置鉄粉混合

イメージ概要
汚染土壌 原位置で鉄粉を混合 汚染範囲の土壌にオーガーによる直接混合またはスラリー注入により、原位置で鉄粉と土壌を攪拌混合する。鉄粉の持つ還元力により、汚染物質を原位置で化学的に還元分解する工法。事前の適用可能性試験を伴う。
写真利点

1.恒久的な浄化対策。
2.掘削を伴わない原位置での施工となるので、大がかりな設備を必要としない。