事業内容 土壌汚染の調査・浄化から保証まで 一貫してサービスをご提案

調査・浄化事業

浄化対策の区分

土壌汚染の浄化対策には大きく二つの区分があります。それは土壌汚染を封じ込めて外部から遮断するタイプ、分解・洗浄・掘削除去などを行い、汚染土壌を敷地内に残さない二つのタイプです。

選択するタイプにより費用が大きく異なります。費用対効果の点からよく検討してタイプを決定することが重要です。

区分封じ込めて外部から遮断敷地内から汚染を除去
項目封じ込め盛土・舗装掘削除去原位置浄化
施工イメージ
対策概要 汚染物質を敷地外へ流出しないように施工 清浄土で50cm以上の盛土/アスファルト舗装 汚染土を掘削除去後に清浄土で埋戻し 現場で汚染物質を分離/分解する
特徴 ■地下水経由の摂取の防止の観点から措置■施工後は適切な維持管理が必要 ■直接摂取の防止の観点から措置■施工後は適切な維持管理が必要 ■実施件数が最多■操業中は適用困難■掘削後の処分先の選定に慎重を要す ■土壌洗浄法(対象:重金属)■バイオ・還元分解法(対象:揮発性有機化合物)
対策後の監視
(モニタリング)
必要 不要
法・条例の適用を受け、義務化される場合は必要(原則、2年間)
  • 浄化対策方法のご紹介を見る
  • コンサルティング業務のご紹介を見る