事業内容 土壌汚染の調査・浄化から保証まで 一貫してサービスをご提案

調査・浄化事業

資料等調査(フェイズ1調査)

資料等調査(フェイズ1調査)

■資料等調査は土壌汚染調査の第1ステップです。

資料等調査では土壌の採取は行いません。過去の住宅地図や空中写真の収集、現地確認や関係者へのヒアリングなどを行い、土地の利用履歴、現況の利用状況から土壌汚染の可能性があるか、「定性的」に判断します。

収集・確認項目 航空写真 古地図 住宅地図 地質図 公図 登記簿謄本 対象地周辺の地下水測定結果 既往調査報告書 ダイオキシン測定結果など 資料等調査の結果は、以下のようになります。シロ 過去、現在ともに土壌汚染が存在する可能性がない場合 調査終了 グレー 過去、現在において土壌汚染が存在する可能性が疑われる場合 土壌汚染状況調査(フェイズ2調査)グレー の評価であれば、次のステップ『土壌汚染状況調査(フェイズ2)』を行い、土壌汚染の有無を確認します。