事業内容 土壌汚染の調査・浄化から保証まで 一貫してサービスをご提案

土壌汚染対策の保証事業

部分調査保証

施設の稼働中などにより敷地全体を調査できない場合でも、対策費用を確定させます。

部分調査保証とは

対象となる物件

商業施設、工場、物流倉庫などの施設が稼働中のため完全な法令準拠調査ができない土地

保証内容

施設稼働中のため調査が部分的にしかできない場合でも、対策費用を確定させる保証です。対象地において必要となる土壌調査費用、対策費用及び行政折衝などの関連費用を保証対象とします。

必要な調査レベル

稼動施設のバックヤードや駐車場・屋外部など部分的な範囲での土壌・地下水調査
(他社で実施した土壌調査結果でも保証提供可能です。)

保証費用の例

標準対策費用※の約8%~25%

※所与の汚染状況から過去実績及び専門技術者の経験に基づき、最も可能性が高い汚染状況を推定し、その汚染状況に対して算出する対策費用。

敷地の一部しか調査できない場合でも土壌汚染対策費用を確定

施設稼働中などの理由により敷地の一部しか調査が実施できない場合に、部分調査保証を利用することで対策費用を確定することが可能です。
土壌汚染リスクを当社へ転嫁することで、取引の当事者は土壌汚染リスクを切り離すことが可能です。

部分調査保証の主な保証項目

(1)対象地において確認される土壌・地下水汚染の対策費用
(2)汚染状況による施工方法の変更、増工により必要となる追加費用
(3)法令上必要となる土壌調査費用
(4)土壌調査・対策を実施するために必要となる行政・近隣協議費用
(5)上記(4)の協議の結果、追加で必要となる費用
(6)地下水モニタリングが必要になった場合のモニタリング費用

部分調査保証の実例

<対象地の部分的な調査結果で対策費用を確定>
現在、営業中の商業施設があるため、建物内では調査(土壌試料採取)できなかった。時間の関係で十分なボーリング調査もできず、ほぼ表層調査のみの結果から汚染状況を推定し、部分調査保証により対策費用を確定し土地取引をした事例。

対象地

大阪市内12,000m2 過去に化学工場

調査レベル

建物外での調査で基準超過。深度方向の調査はほぼ未実施

保証費
標準対策費用 400,000,000
保証費用 80,000,000 円(20%)
保証付対策費用 480,000,000 円(請負金額)
予算最大損失

800,000,000円

バックアップ

当社が保険加入

  • 未調査保証の詳細を見る
  • 部分調査保証の詳細を見る
  • 法令調査保証の詳細を見る